低年齢化

12月 13th, 2013

子どもがひとつの大きな壁を突破するかどうかが問われる受験。今までは小・中学校の義務教育である9年間を終えて高校に進学する際に行われるものが多いですよね。15歳という年齢は子どもではありますが、ある程度自立した考えを持っている年齢ですから、受験に挑戦することは立派な社会人になる為の登竜門と言える壁です。
ただ、最近の受験傾向は幼児教室での学習や中学受験ということを背景にどんどん低年齢化していきています。幼児教室は早くて1歳~5歳前後、中学受験も6歳~12歳前後で始められるのを見ると、今までの受験とは大きく変わってきていることが分かるでしょう。

幼児教室や中学受験という選択肢を選ぶ時には子どもの意志というよりは両親の意思が反映されます。ですから、幼児教室や中学受験に挑戦させるということは、両親にとっての思いが非常に強いことが大きいでしょう。それに対応するための進学塾や家庭教師などもどんどん充実してきているので、子どもの可能性を広げる為にさまざまな取り組みを個々で取り入れられています。
早い段階に必要な知識をつけさせることによって、子どもの将来にベストな環境を与えることが両親の中で大きなものと変化してきています。ここで幼児教室や中学受験の現状を知るヒントとなる情報をご紹介していきます。

other site

中学受験に挑むためにはしっかりと学習能力をつけましょう:駿台・浜学園
人気の幼児教室で子供の得意分野を発見しましょう:「はまキッズ」オルパスクラブ
ここに通えば日芸合格も間違いなしですよ!:早稲田ゼミナール日芸対策コース
岡山で中学受験を考えているなら|スタディキッズ進学塾
幼児教育の教材なら|知能研究所(知研)